株式会社ビルドリペア防水工事・マンション ビル リフォーム工事 調布市

9:00~18:00(日曜・祝日定休)

042-444-4781

BUILD REPAIR

9:00~18:00(日曜・祝日定休)

042-444-4781

塗膜防水・シート防水

防水とは

防水は建物の劣化を防ぐためにある

防水とは、建物を雨漏りから防ぐために、建物の中に水が入りこまないようにする仕組み。防水加工をすることにより、建物の雨漏りから守るだけでなく、建物の内部から鉄筋を酸化によるサビも防ぐために防水施工を幅広く行っております。 施工は狭小部や複雑な箇所から、広い屋上まで幅広く施工致します。 複雑な形状や部位にも対応できるため、機械などが多く置かれている屋上などさまざまな場所へ施工可能な塗膜防水や、下地の平滑さが必須とはなりますが、建物の収縮に追従する優れた防水性能を持ち、耐天候性も持ち合わせたシート防水がございます。

塗膜防水

塗膜防水とは

現場で液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜をつくります。 狭小部や複雑なっ形状部による細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。 現場施工のため、一定の厚みの確保が難しい面がありますが、さまざまな場所で施工できます。

作業工程

ウレタン防水・FRP防水が代表とされる塗膜防水。主原料は液体で、何重にも重ねて防水加工します。 メーカーによって、ガラス繊維を入れて強度を増したりといった工法があります。 塗膜防水は密着性があるので割れづらく、塗り直しで対処することも可能です。 使用法としては液状の樹脂や合成ゴムを下地に塗布、または吹付機により施工して継ぎ目のない防水層を形成します。

シート防水

シート防水とは

シート防水とは、シートを貼り付けることにより雨水の浸入を防ぐ防水のことを言います。 シート防水はマンションやビルの屋上、住宅のベランダなどで広く普及しています。 耐候性にも優れ臭いの発生の少ない工法もあるため環境に配慮した施工が可能です。

作業工程

既存下地に適した下準備を行い入隅部などに補強貼りを行います。床部分にシートを仮敷きしシートの皺を伸ばします。 シート貼り付ける際はシートとシートのジョイント部の接着に注意して貼り付けていきます。 立上りのシート端部を金物やシールで止め水の侵入を防ぎます。 必要に応じて脱気筒や改修用ドレンも設置しトップコートを塗布します。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。 熱工法・トーチ工法・常温工法(冷工法)などがあり、火を使いアスファルトを溶かして貼りつける熱工法とトーチ工法、火を使わず裏面に付いているゴムアスファルトの粘着材で貼り付けていく常温工法に分類されます。 二層以上の積層工法が原則で、水密性・耐久性とも高く、施工の不具合が出にくい工法です。

作業工程

高温で溶かした改質アスファルトを接着剤として、アスファルトルーフィングを貼り合わせて防水層を作る工法です。 長所は高温で溶かした改質アスファルトを全面に貼付けるため、隙間ができず、防水層としての信頼性が高い事があげられます。 施工後にはすぐに硬化し、防水性能を発揮します。